NBA下部組織Gリーグとは?日本人選手にとって登竜門になる?

Gリーグ

バスケットの世界トップリーグであるNBAには、下部チームが参加する「Gリーグ」というリーグがあります。今までに日本人では、「田臥勇太、富樫勇樹、渡辺雄太」など日本バスケット界でトップ選手が参加していました。渡辺雄太に関しては、2way契約でNBAとGリーグどちらも出れる契約なので、少し形態が違います。

またGリーグはNBAチーム傘下の下部チームなので、日本でいうと2軍といったイメージがあると思いますが、それよりも遥かにNBAへ昇格するのは厳しい世界です。各チーム15人しか登録できないので、一時的にNBAに昇格できたとしてもその舞台に居続けられる選手は、ごくごくわずかです。

今回はGリーグとは何か?どういったチームがあるのかなどをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

Gリーグとは?

ウィザーズ 八村

将来のNBA選手を育成する事を目的にNBA後援のもとに運営がなされており、2001年設立当初は「NBDL」 → 2005年に「NBADL」 → 2017年に「Gリーグ」に変更されました。2017-18シーズンよりリーグ名をNBAゲータレード・リーグ(NBA Gリーグ)に改名。リーグの名称にスポンサー名が使用されるのはアメリカのプロスポーツリーグ史上初。
また現NBA選手の約30%が下部リーグでのプレイを経験しています。もちろん、NBAでドラフトした選手、ケガ明けでコンディション調整が必要な選手出場したりするので下部リーグ経験者が多いと思われます。
なので最初からGリーグで契約しNBAへ昇格する選手はごくわずかで、とても難しい事だと思います。

 

 

 

Gリーグってどういうチームがあるの?

バスケ ゴール

Gリーグは意外とチームの入れ替わりが激しいです。経営危機などを理由に消滅するチームが数多くあります。それ以外でも同じチームの傘下でも本拠地を変えた場合などにチーム名を変更しています。

また2018-19年より新たに八村所属のウィザーズ傘下の「キャピタルシティ・ゴーゴー」がGリーグに参戦しました。それにより全27チームとなりました。 

 

イースタン・カンファレンス

アトランティック・ディビジョン

略号 チーム 本拠地 アリーナ 提携NBAチーム
NIN ロングアイランド・ネッツ ニューヨーク州ニューヨーク バークレイズ・センター ブルックリン・ネッツ
MNE メイン・レッドクローズ メイン州ポートランド ポートランド・エキスポ・ビルディング ボストン・セルティックス
RAP ラプターズ・905 オンタリオ州ミシサガ ハーシー・センター トロント・ラプターズ
WES ウェストチェスター・ニックス ニューヨーク州ホワイト・プレインズ ウェストチェスターカントリー・センター ニューヨーク・ニックス
DEL デラウェア・ブルーコート デラウェア州ウィルミントン 76ersフィールドハウス フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

セントラル・ディビジョン

略号 チーム 本拠地 アリーナ 提携NBAチーム
CTN カントン・チャージ オハイオ州カントン カントンメモリアルシビック・センター クリーブランド・キャバリアーズ
FWM フォートウェイン・マッドアンツ インディアナ州フォートウェイン アレン郡戦争記念コロシアム インディアナ・ペイサーズ
GRD グランドラピッズ・ドライブ ミシガン州ウォーカー デルタプレックス・アリーナ デトロイト・ピストンズ
WCB ウィンディシティ・ブルズ イリノイ州ホフマンエステート シース・センター シカゴ・ブルズ
WSH ウィスコンシン・ハード ウィスコンシン州オシュコシュ オシュコシュ・アリーナ ミルウォーキー・バックス

サウスイースト・ディビジョン

略号 チーム 本拠地 アリーナ 提携NBAチーム
ERI エリー・ベイホークス ペンシルバニア州エリー エリーインシュアランス・アリーナ アトランタ・ホークス
GBO グリーンズボロ・スウォーム ノースカロライナ州グリーンズボロ グリーンズボロ・コロシアム シャーロット・ホーネッツ
LIM レイクランド・マジック フロリダ州レイクランド RPファウンディング・センター オーランド・マジック
SXF スーフォールズ・スカイフォース サウスダコタ州スーフォールズ スーフォールズ・アリーナ マイアミ・ヒート
- キャピタルシティ・ゴーゴー ワシントンDC セントエリザベス・イーストエンターテイメント&スポーツアリーナ ワシントン・ウィザーズ

  

 

ウェスタン・カンファレンス

ノースウェスト・ディビジョン

略号 チーム 本拠地 アリーナ 提携NBAチーム
IWW アイオワ・ウルブズ アイオワ州デモイン ウェルズファーゴ・アリーナ ミネソタ・ティンバーウルブズ
SLC ソルトレイクシティ・スターズ ユタ州ソルトレイクシティ ブルーイン・アリーナ ユタ・ジャズ
OKL オクラホマシティ・ブルー オクラホマ州オクラホマシティ コックス・コンベンションセンター オクラホマシティ・サンダー

サウスウェスト・ディビジョン

略号 チーム 本拠地 アリーナ 提携NBAチーム
AUS オースティン・スパーズ テキサス州シダーパーク シダーパーク・センター サンアントニオ・スパーズ
RGV リオグランデバレー・バイパーズ テキサス州イダルゴ ステイトファーム・アリーナ ヒューストン・ロケッツ
MEH メンフィス・ハッスル ミシシッピ州サウスヘイブン ランダーズ・センター メンフィス・グリズリーズ
TEX テキサス・レジェンズ テキサス州フリスコ ドクターペッパー・アリーナ ダラス・マーベリックス

パシフィック・ディビジョン

略号 チーム 本拠地 アリーナ 提携NBAチーム
ACC アグアカリエンテ・クリッパーズ カリフォルニア州オンタリオ シチズンビジネスバンク・アリーナ ロサンゼルス・クリッパーズ
NAS ノーザンアリゾナ・サンズ アリゾナ州プレスコット プレスコットバレー・イベントセンター フェニックス・サンズ
STK ストックトン・キングス カリフォルニア州ストックトン ストックトン・アリーナ サクラメント・キングス
SCW サンタクルーズ・ウォリアーズ カリフォルニア州サンタクルーズ カイザーパーマネンテ・アリーナ ゴールデンステイト・ウォリアーズ
SBL サウスベイ・レイカーズ カリフォルニア州エルセグンド UCLAヘルストレーニング・センター ロサンゼルス・レイカーズ

 

 

今後、日本人もGリーグに数年参加してからNBAへ昇格するといった流れになるのかなと思います。「渡辺雄太」の流れが最も現実的かと思います。八村のようにドラフト指名でのNBA入りは、まだまだ日本人には厳しいかなと思います。