NBAマスコット一覧【ウエスト編】見た目、特徴を全て公開!!

バスケットの強豪が多く集まっていると言われるウエストカンファレンス。その為、トップ選手たちが注目されがちで、日本だとテレビで放映されてもハーフタイムとかは中継されない事が多いのであまりマスコットの存在を知らない方も多いかと思います。

NBAではハーフタイムでイベントを行っており、その際マスコットなどがダンスや悪戯行為などをして観客を盛り上げます。また試合前後でファンとの交流も行っていてSNSなどには頻繁にアップされています。

今回はマスコットに注目して、各チームのマスコットはどんな見た目、特徴があるのかをご紹介していきたいと思います。

 

マスコットはウエスト全チームにいるのか?

ウエストカンファレンスに所属する15チームの内、13チームにマスコットは存在します。「ゴールデンステイト・ウォーリアーズ」、「ロサンゼルスレイカーズ」の2チームには現在マスコットが存在しません。

ウォーリアーズには、以前「サンダー」といマスコットがいたようです。人型をしていて見た目はスパイダーマンのようだったと。しかし、人気が無かったのかいなくなってしまい、その後はマスコットは誕生していないようです。

レイカーズは、これまでにマスコットはいないようです。伝統あるチームにはマスコットがいない事が多いようです。レイカーズの試合は特に有名人が観戦に訪れる事が多いようなのでそれがある意味マスコット代わりになっているのかもしれません。

 

各チームのマスコット紹介

各チームのマスコットの見た目、特徴などをご紹介したいと思います。

 

オクラホマシティ・サンダー

ランブル・ザ・バイソン

f:id:TeruTeruBozu:20190414002521j:plain
名前の通り、バイソンがモチーフのマスコット。バイソンって怖そうなイメージありますが、愛嬌があってとても親しみやすい見た目です。人気もあり、20009年には「マスコット・オブ・ザ・イヤー」に選出されています。

 

 

サクラメント・キングス

スラムソン・ザ・ライオン

f:id:TeruTeruBozu:20190414003008j:plain

名前の通り、ライオンがモチーフのマスコット。マスコットなのに悪童のように顔が怖く近づきにくいです。もう少し愛嬌のある顔にできなかったのでしょうか?完全に悪人顔です。

 

 

サンアントニオ・スパーズ

ザ・コヨーテ

f:id:TeruTeruBozu:20190414003151j:plain
名前の通り、コヨーテがモチーフのマスコット。コヨーテとはイヌ科の肉食動物です。2005年に「マスコット・オブ・ザ・イヤー」に選出され、2007年にマスコットの殿堂入り。そして2014年にはNBAベストマスコット・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど非常に人気の高いマスコット。正直、見た目が強烈過ぎて日本人では受け付けないと思います。

 

 

ダラス・マーベリックス

チャンプ(右)、マブスマン(左)

f:id:TeruTeruBozu:20190414003619j:plain

チャンプのモチーフは仔馬。愛嬌のある顔立ちと、馬だけあって鬣(たてがみ)がカッコいいです。マブスマンは、スパイダーマンのようなシルエット。アメリカ感のあるマスコットですね。

 

 

デンバー・ナゲッツ

ロッキー・ザ・マウンテン・ライオン

f:id:TeruTeruBozu:20190414004531j:plain

メスライオンがモチーフのマスコット。NBAの中でも人気あるマスコットで、腹筋がシックスパックのマッチョマン。以前、顔面を蹴られた際に怒って服を脱いだ時に腹筋が露わになっています。

顔面足蹴りされる

www.youtube.com

 

 

ニューオリンズ・ペリカンズ

ピエール・ザ・ペリカン

f:id:TeruTeruBozu:20190414003901j:plain

名前の通り、ペリカンがモチーフのマスコット。ピエールが誕生した際、顔が不気味すぎて子供が泣いてしまうほど不評だったようです。その為、デビューから3か月ほどで顔を整形。公式には、くちばしを負傷し形成手術を行ったと発表。以前より、愛嬌のあるマスコットになったが、マスコットを整形するという発想がさすがアメリカと思います。

 

 

ヒューストン・ロケッツ

クラッチ・ザ・ロケッツ・ベアー

f:id:TeruTeruBozu:20190414003933j:plain

ヨギベアがモチーフ。WNBAヒューストン・コメッツのマスコット「ハーレイ」はガールフレンド。2013年NBA マスコット・オブ・ザ・イヤーを受賞。しかし、NBAで最も凶暴なマスコットと言われています。

凶暴さがわかる動画はこちら

 

 

フェニックス・サンズ

ゴー・ザ・ゴリラ

f:id:TeruTeruBozu:20190414004037j:plain

マスコットというよりただのゴリラ。過去には試合中にフロアにヘッドスライディングしている(笑)。理由は、ドラムを叩いていた所、スティックが飛んで行ってしまいいきよいよくスライディングしながら取りにいくっている。近くにいた選手もびっくりしたと思います。

スライディング映像

https://streamable.com/zluw4

 

 

ポーランド・トレイルブレイザーズ

ブレイズ・ザ・トレイルキャット

f:id:TeruTeruBozu:20190414004608j:plain
名前の通り、猫がモチーフのマスコット。アメリカのアニメにいるような愛嬌のある見た目です。またエースのリラードの後ろで見切れながらテープを食べるなど目立ちたがり屋です。

後ろでテープ食べる映像

 

 

ミネソタ・ティンバーウルブズ

クランチ・ザ・ウルフ

f:id:TeruTeruBozu:20190414004746j:plain

名前の通り、狼がモチーフのマスコット。狼という事ですがどちらかというと熊っぽい気がします。体系がスリムなのでアクロバットなプレーで観客を魅了してくれます。

 

 

メンフィス・グリズリーズ

グリズ(スーパーグリズリー )

f:id:TeruTeruBozu:20190414004902j:plain

名前の通り、熊がモチーフのマスコット。熊という事なんですが日本人がイメージするオオカミ男のような見た目で、かっこよさがある。
2011年に「マスコット・オブ・ザ・イヤー」に選出されています。

 

 

ロサンゼルス・クリッパーズ

チャック・ザ・コンドル

f:id:TeruTeruBozu:20190414010234j:plain
カリフォルニアコンドルがモチーフのマスコット。2016年に新たに誕生したマスコットで、お披露目は試合のハーフタイムに天井から登場とド派手な演出。愛嬌のある顔立ちだが色合いがどうも不気味に感じてしまいます。

 

 

ユタ・ジャズ

ジャズ・ベア

f:id:TeruTeruBozu:20190414010342j:plain
名前の通り、熊がモチーフのマスコット。キングスのスラムソンに激似ですが、関連はないようです。スラムソンはライオンですしね。見た目は怖いですがファンサービスを積極的にするなど優しさがあります。

 

 

 

以上、ウエストカンファレンスのマスコットをご紹介しました。皆さんはどのマスコットが気に入りましたか?マスコットの良さはまだ全然伝えられていないので、また後日記事にしてご紹介したいと思います。

またイーストカンファレンスのマスコット一覧は下記をご覧ください。

favorite0501.hatenablog.com