2016-17 NBAファイナル 見どころ

ファイナルの組み合わせは3年連続・・・?

今の時期は、yahooニュースなどのトップページにも試合結果、プレーオフの展望など表示される為、知っている人は多いと思う。

f:id:TeruTeruBozu:20170616005409j:plain

プレーオフより共に各カンファレンスで圧倒し、3年連続ファイナルに進出したこの2チーム。

 

 

 

2016-17 Final

ウォーリアーズ vs キャバリアーズ

 各チームのプレーオフでの活躍を比較してみよう

 

プレーオフ成績比較

ゴールデンステイト・ウォーリアーズ

まず何と言ってもNBAプレーオフ初のファーストラウンドからの12連勝でファイナル進出。また試合序盤からリードを奪っており、同12試合中7試合は第1Qで2桁リードを奪っている。またプレーオフに入ってより一段とデュラントが良い所で活躍している。その分、昨年と違いファイナル前で中心選手のカリーが体力の温存ができている。

 今プレイオフ成績:
48分間での平均ポゼッション:102.6(2位)
100ポゼッションあたりの平均得点:115.8(2位)
100ポゼッションあたりの平均失点:99.1(1位)
100ポゼッションあたりの平均得失点差:+16.8(1位)

※NBA Japanより引用

 

クリーブランド・キャバリアーズ

プレーオフでは12勝1敗とこちらもダントツの強さでファイナルへ進出。カンファレンス決勝第2戦では、130-86の44点差での勝利。ハーフタイムでの41点差はプレーオフ史上最大点差となっている。またレブロン・ジェームスは、プレーオフでの通算得点(5995得点)でマイケル・ジョーダン(5987得点)を抜き、歴代首位となった。

今プレイオフ成績:
48分間での平均ポゼッション:97.7(7位)
100ポゼッションあたりの平均得点:120.7(1位)
100ポゼッションあたりの平均失点:104.6(3位)
100ポゼッションあたりの平均得失点差:+16.1(2位)

※NBA Japanより引用

勝のはどちらか?

 正直わからない・・・www

ただ、プレーオフを見ていて思うのは、ウォーリアーズはカリー、デュラントと大スターがいるがチームプレーができる。また誰もが3Pシュートを打てる為、パスを回し3ポイントを奪う選手が多い。

一方キャバリアーズは、個人技のメインでの進め方のような気がする。レブロン、アービングの個人技、もしくわレブロンからのアシストが非常に目立つ。どのチームもそうだが、レブロンがいるいないでは、とてつもなく違うチームになるイメージ。

どちらに脅威を感じるかといえば、キャバリアーズと思う。やはりレブロンはプレーオフになると毎年だが、ギアが2段階くらい上がっている。マイケル・ジョーダンの記録も塗り替えた事で勢いに乗っていると思う。

またBIG3も現在好調。特にケビン・ラブの調子がよく、大事な局面で3スリーポイントを決めるなど勝負強さがある。

 

結果として、個人的にはキャバリアーズに連覇してほしい。