ウォーリアーズが『ケビン・デュラント』を獲得した理由

禁断の移籍!?

2016年7月4日、NBA好きな人達は驚いたと思います。2014-15シーズン優勝、2015-16シリーズ準優勝だったゴールデンステート・ウォリアーズへの移籍を正式発表。当時、3ポイントを武器にNBAを席巻していたウォーリアーズへの移籍は、世界中の人々に衝撃を与えたと共に、NBA選手間でも多くの波紋を呼んだ。

 

プロ生活において最も大変な数週間だった。選手として、男として、成長するうえでの岐路に立っていたことは分かっていた。非常に難しい選択だった。だが、この間に自分がこれほど感情的に揺れるとは思っていなかった。

この決断を下すうえでまず大事にしたのは、選手として成長できる可能性に基づいた決断をするということだった。それが常に自分を正しい方向に導いてくれたからだ。でも、僕は人生において、男として成長する機会を見つけることも等しく重要な時期にある。居心地の良い場所から、個人的な成長と貢献が実現できる大きな可能性をもたらしてくれる新たな街やコミュニティに移るということだ。それを考慮して、僕はゴールデンステイト・ウォリアーズに加わることを決めた。

僕はもともとワシンントンDC出身だけど、オクラホマシティは本当に僕を成長させてくれた。男になるのはどういうことか、家族とはどういうものかをたくさん教えてくれた。この組織とコミュニティが自分にとってどれほどの意味があるか、永遠に僕の心の中と人生において何を意味するのか、正確に言い表せる言葉はない。思い出や友情はゲームを上回るものだ。そんなかけがえのない関係から、とても難しい決断だった。

この選択で大勢の人を落胆させるというのは、本当につらい。でも僕は、人生とキャリアにおけるこのタイミングで自分が正しいことをしていると信じている。

”出典:NBA JAPAN" 

 デュラント自身、やはりチャンピオンになりたい気持ちが強かったんだと思う。

しかし、NBAではチームバランスが大きく崩れるような移籍はよく思われない。当時のウォーリアーズはNBAの中で突出した存在だった。デュラントが移籍する直前のシーズンにマイケル・ジョーダンがシカゴブルズ時代に達成したNBAシーズン最多勝利数を更新している。

そんなチームにデュラントが移籍するのだから、他チームの選手たちはよく思わないのも頷ける。

今シーズンの活躍は?

 ウォーリアーズは元々オフェンスに特化したチーム。デュラントが入る事でチームバランスが崩れるのでは?との心配があった。実際、シーズン序盤はデュラントが入る事でスプラッシュブラザーズ(カリー、トンプソンの愛称)の攻撃回数、リズムが崩れてしまい、あまりかみ合っていない印象だった。

ウォーリアーズは、スクリーン、カットなど相手を動かしオフェンスを組み立てる。しかし、デュラントのオフェンスは1対1のスキルで構築されていた為、明らかにプレイスタイルが異なる。その為、カーHCがオフェンス時にオフ・ザ・ボールの動きを指示。

すると、パスが回るようになり昨季までの流れるような展開を作る事ができ、デュラント自身もその流れの中で得点を取れている。まさにスプラッシュブラザーズと両立ができている。

デュラントを獲得した本当の狙い

 昨季と比べ、デュラントが入った事で安定感が増した印象がある。やはり3ポイント主体のスプラッシュブラザーズだと、どうしても2人の調子が悪いと攻撃が滞ってしまう。しかし、デュラントがいる事でペネトレイトでも得点が取れるようになり、攻撃幅が広がった。

これがウォーリアーズの最大の狙いだと思う。昨季ファイナルで3勝1敗と先行したにも関わらず、カリー頼りでのオフェンスではやはり負担が大きく、最後の最後で力が発揮できていなかった。

デュラントを獲得した事で負担が分散し、且つスプラッシューブラザーズが不調でも得点源が確保できている。

 

今年のウォーリアーズは盤石だ。昨季のリベンジを果たす可能性は高い。

 

 

心に響くNBA名言

どんな世界でも登り詰めた人たちの言葉には力がある。自分の信念を貫く意志が言葉に宿り、名言として語り継がれている。そんなNBAの名言を紹介します。

アレン・アイバーソン

when you work hard good things happen

"努力をすれば、良い事は起こるものだ"

 

I’d rather have more heart than talent any day.

"才能よりも常に勇気をもっていたい"

 If you're struggling with your shooting,then do other things on the basketball court.get steale,get assists,get rebounds do anything on the court to help the the team win.

"もし試合中にシュートが入らなければ、コート上でできる事をやればいい。スティールを狙って、リバウンドを取って、コート上でできるすべての事をチームの勝利の為にやるだけだ"

コービー・ブライアント

Everthing negative pressure challenges is all an opportunity for me to rise.

"プレッシャーや挑戦、ネガティブな事はすべて俺にとっては成り上がるための良い機会なんだ"

 

The moment you give up,is the moment you let someone else win.

"お前が諦めるって事は、相手が勝利を手にするって事だ"

 

If you do not belive in yourself,no one will do if for you.

"自分が自分を信じないと、誰も信じてはくれない"

マイケル・ジョーダン

I've missed over 9,000 shots in my career.I've lost almost 300 games.26 times I've been trusted to take the game-winning shot and missed.I've failed over and over and over again in my life.And that is why I succeed.

"これまでにミスしたショット9,000以上、負けた試合は300近く、ウィニングショットを任されミスったこと26回。何度も何度も何度も何度も失敗した。でも、だからうまくいってるんだ"

 

If you quit ONCE it becomes a habit. Never quit.

"一度でもあきらめてしまうと、それが癖になる。絶対にあきらめるな"

 

Out of my way. your fate.I’m going through.

"運命よ、そこをどけ。オレが通る"

 

You have to expect things of yourself before you can do them.

"自分に期待することではじめて物事は可能になる"

 

Never say never, because limits, like fears, are often just an illusion.

"無理だなんて絶対に口にするな。限界は恐怖と同じで、大抵幻想にしか過ぎないから"

ステフィン・カリー

If you take time to realize what your dream is and what you really want in life.No matter what it is,whether it's sports or in other fields.you have to realize that there is always work to do,and you want to be the hardest working person in whatever you do,and you put yourself in a position to be successful.And you have to have a passion about what you do.

"君が自分の夢と自分の人生で何が欲しいのか考えるとしよう。それは何でもかまわない。スポーツでもその他の事でも。それを成し遂げるためには常にやるべき事があるんだ。君が取り組んでいる物に対して、とてつもない努力をする。そこで初めて成功をつかめる。情熱を燃やすんだ"

Be the best version of yourself in anything you do.You don't have to live anybody else's story.

"何をするにしろ自分がなれるベストな自分になること。誰かの人生を生きる必要はない"

レブロン・ジェームス

I treated it like every day was my last day with a basketball.

"毎日がバスケと共に歩む最後の日のように過ごしている"

 

All your life you are told the things you cannot do.All your life they will say you're not good enough or strong enough or talented enough.They will say you're the wrong height or the wrong weight or the wrong type to play this or be this or achieve this.They will tell you no.A thousand times no.until all tha no's become meaningless.All your life they will tell you no.Quite firmly and very quickly.And you will tell them yes.

"生涯、君はできない事を言われてきた。生涯、彼らは『君ほど強くないし、強くもない。才能もない。』と言うだろう。彼らは、『君には十分な身長も体重もない。そのプレーするタイプでもないし、成し遂げるタイプではない』と言うだろう。彼らは『君には無理だ』と言うだろう。1000回の『無理だ』を。すべての『無理』という言葉が意味を無くすまで。生涯彼らは君に『無理だ』と言うだろう。キッパリと。そしてすぐに。だから、君は彼らに教えてやるんだ。『俺は成し遂げる』と。"

NBA名言まとめ

皆共通しているのは、 自分の信じた道をひたすら突き進む力が強いんだと思う。自分や他人が自分の限界を決めるのでなく、野望を持って努力し続ける事が大切なんですね。

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。

このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントに使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。

全てのコメントは管理人であるやぎ辰が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。

加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

掲載:2017年5月7日

史上最強の3ポイントシューター

ステフィン・カリー

  • ゴールデンステート・ウォーリアーズ (No.30)
  • ポジション:PG
  • 身長:191cm
  • 体重:86kg
  • 年齢:29歳

生い立ち

1988年3月14日生まれ。父親がNBA選手だった事から弟のセスと共に、バスケットを始める。高校時代はチームを3度プレーオフに導き、カンファレンス優勝を果たす。カンファレンスのオールチームに選出されるなど注目選手だった。しかし、高校最終学年当時、身長:183cm、体重:72kgと体格に恵まれなかった為、メジャーカンファレンスに所属する大学からの奨学金オファーを受ける事ができなかった。その為、地元のデビットソン大学へ進学した。

大学1年目より活躍し、サザン・カンファレンス優勝を果たす。2年目では3年連続NCAAトーナメントに出場。デビュー戦から4試合連続30得点以上をあげた4人目の選手となった。また3Pを159本決め、NCAA記録を更新。しかし、カンザス大学に敗れた。3年目は足首の怪我、激しいマークに合い力を発揮できず、NCAAトーナメント出場ならず。この年の2009年にNBAドラフトにアーリーエントリーをした。 

プレースタイル、特徴

父であるデリ・カリーと同様、シュートセンスを武器に得点を重ねるシューター。最大の武器は歴史の長いNBAの中でもずば抜けた3ポイントシューターである。2015-16年シーズンに3ポイント成功数で歴代最高の402本を沈めている。NBAでは200本以上決めれればリーグ屈指のシューターと言われるが、2倍以上ゴールを決めている。

カリーはシュートセレクションなど関係なく、少しでもオープンになれば3ポイントシュートを打ってくる。通常では考えられないタイミングで放たれる為、ディフェンスにとってはとても脅威である。ディフェンスが警戒しない3ポイントラインの数メートル後ろからや、ファーストブレイクから3ポイントを狙ってくる。

またアシストセンスに優れ、味方を生かす事もできる。しかし、パスの正確さに欠けるところがあり、ターンオーバー数が多い事が欠点。

ディフェンスにおいては、パスコースを読む力が優れておりスティール王を獲得するなど、スコアラーにしてはディフェンスが上手い。しかし、一方でフィジカルが弱く、相手によってはディフェンスの穴となる事がある。

カリー名言集

Success is not an accident.

 "成功は偶然ではない"

 

Make sure you live in the moment and work your butt off every single day,and i hope I inspire people all around the world to be just themselves,be humbled and be grateful for all the blessing in your life.

 "常に今を生きて毎日努力し続けなければいけない。自分自身でいる事の大切さを世界に伝えられたと思うよ。人生の恩恵に、謙遜と感謝を。"

 

まとめ

これだけ偉大な記録を成し遂げるのも、偶然ではなく必然という事。誰もが驚くような3ポイントをあれだけ決めれるのも、見えない所でそれだけの練習をしている。自分を信じ、未来を信じ努力し続ける事が大事なんだと思う。

私が思うNBA現役最強選手は・・・

人によって好みは分かれると思いますが、この選手は絶対外せないと思います。

 2011年NBAドラフト全体1位クリーブランド・キャバリアーズに指名され、昨年のリオデジャネイロオリンピックで先発PGとして金メダルに貢献した選手。

それは一体誰・・・?どんな選手?

★カイリーアービング★

  ①クリーブランド・キャバリアーズ  No.2

  ②ポジション:PG

  ③身長:191cm

  ④86kg

  ⑤25歳

 NBA新人王、オールスターMVPを獲得。チームメイトには『レブロン・ジェームス』、『ケビン・ラブ』がおり、彼らはBIG3と呼ばれている。

2014-15シリーズは、レブロン・ジェームスと共にキャバリアーズのオフェンスをけん引。そしてファイナルまで進出したが、第1戦で膝蓋骨を骨折(全治3~4か月)。彼の穴を埋めるべく、レブロン・ジェームスが奮闘するも2勝4敗で敗れた。

 その雪辱を晴らすべく、2015-16シリーズも見事ファイナルまで勝ち上がり、再びゴールデンステート・ウォーリアーズとの対戦。その年のウォーリアーズはシーズン最多勝利数を更新するなど、他のチームより明らかに抜き出た存在だった。その為、下馬評はウォーリアーズの圧勝。実際、第4戦までの試合内容は明らかに実力差を痛感した。

 しかし、そこからキャバリアーズは息を吹き返した。第5戦ではファイナル史上初のチームメイト同士で40得点以上を取り、その勢いのまま見事NBAチャンピオンとなった。1勝3敗からの逆転優勝はNBAファイナル史上初の快挙。

生い立ち

 オーストラリアでプロバスケット選手としてプレーしていた時に生まれた。2歳の時にアメリカへ移住し、4歳で母親が他界。小さい頃からバスケ、野球など色々なスポーツをやっていたが、小学生で訪れたコンチネンタル・エアラインズ・アリーナで将来NBAを目指す事を決意。

高校に入り頭角を現し始め、2009年には『ナイキ・グローバルチャレンジ』でアメリカイーストチームで出場、2010年にはジュニアナショナルに選出され、同年6月にはU-18バスケットボールアメリカ選手権で優勝し、全米で注目される選手となった。

大学はデューク大学へ進学し、1年生で開幕から8試合平均17.4得点など目覚ましい活躍を見せたが、右足を負傷し4か月もの間プレーができなかった。しかし、翌年大学2年生には進級せず、NBAドラフトにアーリーエントリーをし、NBA入りとなる。

プレースタイル、特徴

 ハンドリング、ドリブルのスキルが上手く、また視野も広くコートビジョンも素晴らしい。ミドルシュート、スリーポイントも上手く、3ポイントコンテストも優勝経験あり。現代型のポイントガードでアシストではなく、自身で点を取りに行ける選手。